打ち上げはやっぱりカニ?!

年末の職場の同僚たちとの打ち上げ会を、今年は我が家でやることになりました。

 

私の家はワンルームマンションなのですが、結構な広さがあるため、気心知れてた同僚たちですので店にせずに家でやることとなりました。

 

毎年居酒屋を予約しているのですが、年末ではどうしても時間に制限がある為、何件もはしごをすることになってゆっくりと飲めないというのも理由です。

 

私の家なら時間を気にすることもないですし、マンションの目の前には24時間営業のスーパーもあるので買い出しも容易です。

 

食べるものは事前に用意しておくのですが、ネット通販でカニを取り寄せようと検討しています。

 

家の前のスーパーにも売っていますが、調べてみるとネット通販のカニの方が量が多くてもかなりの割安ですし、なにより大型タラバガニの脚なんてのも激安で購入できるようです。

 

寒い冬の時期には鍋をみんなでつつくなんて最高ですし、居酒屋で飲まない分カニ鍋にしてプチ贅沢をしちゃおうと思います。安いからと言って粗悪品というわけではなく、水揚げの時なんかに脚が折れてしまったカニなどは贈答用には使えなくなるらしく、そういったいわゆる訳ありのカニですが味が贈答用の物と変わるわけではないので、多少傷があろうが脚が減っていようが安く沢山購入出来た方がいいですよね。

 

 

今のうちに予約しておくと早割もあるようですし、なにより年末が近づくと売り切れになってしまうこともあるそうなので、今のうちに予約しておこうと思います。
カニもネットで取り寄せられるなんて便利な時代になりましたね。

 

流行を追わないのは年を取る1歩

今年はミモレ丈のスカートが流行しています。タイトスカートも膝丈の物が多く、背が低い私にとっては至難の年です。

 

数年前のミニ+ロングブーツが流行した時は、コーディネートが楽ちんでした。

 

このタイプのコーデは、大柄な女性はどうしてもいやらしくなるというか、露出する部分が多くなってしまいます。

 

対してミニサイズの女性にとっては、まさにテッパンコーデとなります。生脚でもいやらしくないし、寒ければタイツでカバーできます。

 

ミニスカートに抵抗があるならばショートパンツにすれば、元気さをアピールできて良いです。しかもチェックのショーパンでもハデ色のショーパンでも、小柄さんが挑戦すれば何故かヘルシーに見えちゃいます。

 

 

こんな素敵な年もあったのに対し、今年はどうでしょう。ミモレ丈とは膝より下のスカートの事で、試着するとロングスカート状態になってとんでもなく変です。

 

 

丈の長いタイトスカートだって、お尻の位置が何だかおかしいのです。しかもペタンコ靴が流行るという、ミニ女性には追い打ちをかける今年の流れ。どう合わせたってバランスが超悪くなっちゃいます。

 

 

ペタンコ靴はインヒールで何とかカバーするとして、トップスをコンパクトにしてバランスを整えるしか策はありません。

 

ミモレ丈が流行っているとしても、せめて膝丈の物をチョイスすると何とかなります。アウターも丈が短い方が今年は良いですね。ニット帽やストールで目線を上にすれば更にバランスが良いです。

 

 

今年の冬は、少々高い服でもバランスが良い物を購入するのがミニ女性が勝利する道です。今年さえ乗り越えれば、きっとまたミニ女性の着こなしが簡単で可愛いく見える、そんな冬がやってくるでしょう。

 

HIV?怖いから受診した結果・・・

友達がHIVに感染したかもと心配になり、病院へ受診したらしいのですが、結果としてただの風邪だったらしいです。

 

もともと風俗が好きな友人で、最近コンドームをつけずに性行為をしてしまったらしく、その時はなんとも思っていなかったらしいのですが、先月ずっと体がだるかったそうで、HIVの症状に風邪の初期症状に似たものがあると知ってしまってから、心配で仕方がなくなったそうです。

 

かなり悩んだみたいですが、将来のことを考えて病院を受診したのですが、血液検査をした結果は陰性だったとのことです。

 

医師の話では、HIVに仮に感染していたとしても、潜伏期間が非常に長く、平均で5〜10年、長くて15年間も無症状という人もいるため、1〜2ヶ月で症状がでることはないそうです。

 

 

感染すると、徐々にウイルスが体の中で増殖していってしまい、リンパ球が少しずつ減っていくので、その期間が非常に長く、ある時を境に免疫力が大きく低下して、普通の人では感染しないような弱い細菌やウイルスでも感染症を起こすようになってしまうとのことです。

 

 

このHIVを完全に治療することは現代の医学では不可能ですが、今は様々な薬があり、それらを使用することで発症を遅らせることができるそうです。

 

とはいっても体調が悪かった時は本当に心配だったと思います。今は陰性とわかって元気となっていますが、しばらくは風俗に行く気もしないとのことです。

 

 

風俗で使う予定だったお金で飲み歩くとのことです。飲んだ勢いで風俗にいかなければいいですけどねw

 

⇒ 性病検査を自宅で隠れてやる方法

 

私の隠れた悩み

実は包茎が悩みだけど、恥ずかしくて病院に行けない・・そんな思いを抱いている男性の人は、恥ずかしくても何でも速やかに適切な処置を受けるべきです。性器が部分的に包皮で覆われている「仮性包茎」の場合、通常包皮が鬼頭を覆っているものの、手で剥げば鬼頭を露出する事が可能です。なので特別な処置は必要ありません。日本人男性の約7〜8割は仮性包茎だと言われています。次に性器が完全に包皮で覆われている「真正包茎」の場合、通常時でも勃起時でも鬼頭が包皮に完全に覆われています。自力では剥ぐ事が出来ません。この場合早急な手術が必要となります。真正包茎を放置したままだと、鬼頭炎や包皮炎を起こしてしまいます。垢が溜まって臭う事もあるので不衛生です。

 

最悪膿んでしまう事もありますし、性器の成長を妨げる要因になります。真正包茎と同じく適切な処置が必要なのが「カントン包茎」です。包皮口が狭く、剥ぐのが一苦労です。一応剥ぐ事は可能なものの、包皮が短いので剥いだ状態から戻りません。仮性包茎と真正包茎の中間位の包茎といった所です。包茎によって性病に感染するという事はありませんが、包茎によって常に性器が不潔な状態である→菌が繁殖しやすい→性病に感染するというケースは有り得ます。性病検査で病院へいき、初めて自分が包茎である事を知らされるという男性も多い様です。特に多いのが「尖圭コンジローム」です。包茎の方がうつりやすい性病となります。症状としては、小さなつぶつぶ(突起物)が性器の鬼頭や皮に多数出来ます。

 

見た目が気持ち悪いので分かりやすいです。尖圭コンジロームを放置したままですと、他の病気を併発してしまう可能性が高くなります。尖圭コンジロームの処置と、それに併せて包茎手術を勧めていく機会が多いです。

 

日本人にとって包茎は恥ずかしいというイメージが強いものですから、皆包茎を良く知らずにスルーしてしまいます。実は自分が包茎だったという事は結構あるそうです。包茎手術には色々種類がありますが、簡単なものだと約10分で終ります。会社の休憩時間に内緒で足を運び、さっさと済ませて会社に戻る事も出来るのです。是非今一度自分の性器を確認し、包茎でないのか調べてみて下さい。

更新履歴